アメリカ人 価値観

「払う」「払わなくていい」事件

マンションに誰か訪ねてきた時、日本語を話さない彼は基本的に対応しません。
するのはピザの宅配くらい。

と言っても、やってくるのは友達か宅配業者くらいなのですが、
引っ越してしばらくしてから、NHKの人が受信料の集金にやってきました。

 

その日は彼も部屋にいて、わたしたちのやりとりを横で見ていました。

 

日本語はまったく話せませんが、相手の言ってることは少しだけ分かる彼、
どうやらわたしが怒っていると思ったようです。

確かにちょっと、機嫌は悪かったと思います。
だって払いたくなかったんですもの!

 

とは言え結局は払わなければいけないもの、
仕方なくお財布をひろげお札を取り出したところで、

彼が「ちょっと待って!」とひと言。

 

「なぜ君は、この人にお金を払うの?」という彼の質問に、
わたしは「NHKの受信料を払うのは国民の義務だから」と答えました。

 

しかし彼は
「だって君も僕も、NHKの番組を一度も観たことはないじゃないか。

なのになぜ、お金を払わなければならないんだ!そんなの理不尽じゃないか!」
と怒り始めました。

 

そしてわたしが手にしたお札をお財布の中に戻し、
「そんなの払わなくていい!」と言います。

 

集金にやって来た人はとても困った顔をして、
最後は「お願いします、払ってください!じゃないとわたしが困るんです」と半泣き状態。

その人自身に同情してしまったわたしは、もう一度お金を差し出しました。

 

その人が帰った後も、「理不尽だ!」とプリプリ怒っていた彼。
「観ていないのにお金を払わなければいけない」というのが、

どうにも納得できないようです。

 

「だってルールだし」とわたしが言うと、
「ホント日本って、暮らしづらいねぇ」と、彼はしみじみ言いました。

 

 

スポンサードリンク

 

「払う」「払わなくていい」事件関連エントリー


貯蓄術

日本って暮らしづらい?観ていないのに払わなくてはいけない受信料。アメリカ人との価値観の違いを書いています。

Copyright (C) 2009-2011 国際結婚の実情!【私の国際結婚体験】 All Rights Reserved.

ネット婚活

「払う」「払わなくていい」事件