遠距離恋愛 問題

帰国宣言→その後

彼の帰国宣言から実際に帰国するまでの1カ月間は、
アッと言う間に過ぎていきました。

わたしの中で、いよいよ結論を出す時がやってきたのです。

 

このまま彼との関係を続けていくか、それともきっぱり別れるか。

 

もしこのまま関係を続けていくにしても、
今度はいつ彼に会えるのかまったく分かりません。

 

せめて「声だけでも聞きたい」と思っても、
日本と彼のホームタウンとの間には14時間(夏の間は13時間)の時差があり、

うまくコミュニケーションが取れないこともあると思います。
そんな状況で、果たしてちゃんと関係をキープしていけるのでしょうか。

 

もちろん仕事を辞めて、彼と一緒にアメリカへ行くことも考えました。
でも、当時のわたしにはそこまでする勇気はなかったのです。

だから「ここはやはり別れるべきだろう」と決心し、後日彼に別れを切り出しました。

 

ところが彼は、わたしに「僕のこと嫌いになったの?」と訊きます。
わたしは「もちろん好きだけれど、遠距離恋愛は難しいしぜったいに無理」と

答えました。

 

すると彼はこう言ったのです。

 

「どうしてやってもいない内に、無理だって決めつけるの?
絶対できないんじゃなくて、絶対にできるんだよ!」。

 

何事もポジティブに考えるアメリカ人、
ネガティブ思考の日本人には時々理解できない発想をします。

彼はお互い信頼しあっていれば、遠距離恋愛も可能だと言うのです。

 

「せっかく今まで良い関係を築いてきたんだから、
続けるように努力しようよ。終わらせることなんていつでもできるんだから」。

 

彼の言葉には説得力がありました。
だからと言って遠距離恋愛を続けていく自信は、わたしにはまったくありません。

 

「でも、確かに彼の言う通りやってみなくちゃ分からないかも」

 

そう考え直したわたしは、
彼の言葉を受け入れて遠距離恋愛をする覚悟を決めたのです。

 

 

スポンサードリンク

 

帰国宣言→その後関連エントリー


貯蓄術

アメリカ人の彼が、突然の帰国宣言。仕事を辞めて一緒にアメリカへ!?それとも超遠距離恋愛になるのか!?

Copyright (C) 2009-2011 国際結婚の実情!【私の国際結婚体験】 All Rights Reserved.

CR-Z 値引き

帰国宣言→その後