アメリカ 食事

お代わり自由ってすばらしい!

知り合いのアメリカ人が、初めてやって来た日本でレストランへ入った時の話。

 

その時彼はのどが乾いていたのでコーラを頼み、運ばれて来た途端ゴクゴク飲み干してしまいました。
すぐさまお代わりを頼み、それも一緒にオーダーしたパスタがやって来るまでには、すべて飲み干しました。

 

もちろん食事の際にも飲み物は必要、というわけで3杯目のコーラをオーダー。
そしていざお会計、その時の彼の驚きは相当だったようです(笑)。

 

彼曰く「3杯分もチャージされてるなんて、マジで信じられない!」。

 

お代わりが当然なアメリカ人としては、飲み物の代金を払っているのに1杯しか飲めない日本のシステムが理解できないようです。

 

最近は、日本でもセルフサービスのフリードリンクを導入しているファミリーレストランなども増えてきましたが、それでもすべてのレストランで実施されているわけではありませんよね。

 

アメリカでは、多分すべてのレストランで飲み物はお代わり自由です。
(今のところ、わたしが行ったレストランはすべてお代わり自由でした)

 

それにわざわざ言わなくても、グラスの飲み物が半分くらいになると、テーブルを担当しているウエイター&ウエイトレスが注ぎ足してくれます。

 

ちなみに、アメリカでは店を出る時、自分が飲んでいた物をテイクアウトすることもできるんですよ。
「持って帰りたいんだけど」と言えば、テイクアウト用のカップに入れて持って来てくれます。

 

しかもラージサイズで!!

 

こうした太っ腹なサービスには、「さすがアメリカ」と感心します。
チップの国だけに、サービスに関してはかなりシリアスなんですね。

 

 

スポンサードリンク

 

お代わり自由ってすばらしい!関連エントリー


アメリカでは、おそらく殆どのレストランで飲み物はお代わり自由。しかも、飲んでいたものをテイクアウトする事もできるんですよ!

Copyright (C) 2009 国際結婚の実情!【私の国際結婚体験】 All Rights Reserved.

お代わり自由ってすばらしい!