アメリカ 日本食レストラン

日本食レストランの人気メニュー、HIBACHIとは?

勘違いも多い日本食レストランのメニューですが、アメリカ人に人気の日本食メニューといえば「HIBACHI」。

 

これ、何かというと鉄板焼きのことなんです。

 

ほとんどの日本食レストランには、寿司などをサーブするカウンターコーナーと、シェフのパフォーマンスを見ながら食事が楽しめるHIBACHIコーナーに別れていて、最初にどちらにするか訊かれます。

 

初めて主人にHIBACHIコーナーへ連れて行ってもらった時は、そのパフォーマンスのすばらしさに思わず感動してしまいました(笑)。

 

シェフはほとんど(というか100%)ヒスパニック系の人たちで、巧みな手さばきでサイドディッシュの野菜炒めからメインディッシュのお肉やエビ、フライドライスまでを手早く仕上げていきます。

 

途中、生卵のお手玉といった小技をはさみながら(笑)、観客(というか食事客)の目を楽しませてくれるのです。
日本でも鉄板焼きではシェフがパフォーマンスしてくれますが、あれをもっとオーバーにした感じでしょうか。

 

エンターテインメント性も含まれているので、バジェットはちょっとお高め。

 

メインディッシュにもよりますが、だいたい1人15〜20ドル(+チップ5ドル)くらい。
もちろんこれにアルコールなど飲み物をプラスすると、もう少し高くなります。

 

そんなわけで、我が家では誕生日など記念日にしか行きませんが、たまに行くとおもしろいのでわたしは好きです(ボリュームもたっぷりだし)。

 

アメリカでは寿司と同じくらいメジャーなメニューなので、ぜひこちらへお越しの際は、日本食レストランで試してみてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 

日本食レストランの人気メニュー、HIBACHIとは?関連エントリー


アメリカで人気の日本食メニューの一つ、「HIBACHI」。シェフのパフォーマンスも見ものですよ。

Copyright (C) 2009 国際結婚の実情!【私の国際結婚体験】 All Rights Reserved.

日本食レストランの人気メニュー、HIBACHIとは?