サウスカロライナ 住宅

サウスカロライナの不動産事情

ネットのニュースで知ったのですが、女子プロゴルファーの宮里藍選手が、カリフォルニア州に一軒家を購入したそうですね。

 

しかも100万ドルのおうち!

 

先日、同じくカリフォルニア州在住の友人と電話でその話をしていたら、彼女がこう言いました。

 

「こちらは100万ドルの家なんて、はっきり言って珍しくないよ。ちょっと広くて素敵だな〜なんて思った家は、100万ドル以上するしね」。

 

確かに、ロサンゼルスのような大都市ともなれば、土地の値段もかなりのものでしょう。
その点サウスカロライナときたら、信じられないくらいのお安さです。

 

サウスカロライナの自宅

ちなみにわたしが今住んでいる家は、3000スクエアフィートの4ベッドルームで、お風呂は3つ・トイレは4つ。
もちろんお庭もついてます。

 

例えばロサンゼルスで購入しようと思ったら、確実に100万ドル以上はする物件です。
けれどそれがサウスカロライナだと、なんと半額以下!

同じアメリカでも、州が違うとこんなに差が出ちゃうんですね〜。

 

ちなみにサウスカロライナでは、10万ドル以下でも庭付き一軒家が購入できます(もちろんエリアや土地の広さ、築年数にもよりますが)。
20万ドルの予算があれば、日本でいうところの「豪邸」を手に入れることだって夢ではありません。

 

日本の場合、家自体の値段はアメリカと変わらないものの、問題なのは土地の値段!
日本はアメリカの約25分の1の面積しかないのに、人口は3分の1。

これじゃ土地が高いのも無理はないですよね〜。

 

一度でもアメリカの広い家に住んでしまうと、もう日本の狭い家には住めないです、ほんとに。

 

 

スポンサードリンク

 

サウスカロライナの不動産事情関連エントリー


サウスカロライナでは、10万ドル以下でも庭付き一軒家が購入できるんです。一度でもアメリカの広い部屋に住むと、やっぱり日本の家は辛いですね。。

Copyright (C) 2009 国際結婚の実情!【私の国際結婚体験】 All Rights Reserved.

サウスカロライナの不動産事情