サウスカロライナ 習慣

いつでも、どんな時でものんびりな南部の人と生活

お役所関係がいつも混雑しているのは、日本もアメリカも同じ。

 

とは言えなるべく効率良く人を捌いていこうとする日本とは違い、アメリカはあくまでもマイペース。
1人あたりに割く時間が割と長いので、いつまで経っても順番が回ってこないような気がしてしまいます。

 

以前ソーシャルセキュリティオフィスへ行った時、整理番号をもらってから窓口に呼ばれるまで、なんと4時間もかかってしまいました。

 

後日アメリカ人の友人にそのことを話したら、

 

「ソーシャルセキュリティオフィスに行くなら、最低でもオープンする1時間前には行かなきゃ。そんな中途半端な時間に行くから、4時間も待たされるハメになるのよ」

 

と言われ、ますますシュン(涙)。

 

友人曰く、「早くしてよ〜」とオフィスの人たちを責めてもムダで(なぜなら彼らは、時間のことなどまったく気にしていないので)、効率良く行動できるよう自分自身が考えなければならないとのこと。

 

ちなみに彼女、同じ東海岸でもニューヨークから南部にやって来た人なので、実はけっこうせっかち。
そこは忙しい日常を過ごしてきた、日本人のわたしと通じるものがあります。

 

同じアメリカ人でも、住んでいるエリアによって時間のとらえ方って違うんですね〜。

 

もちろん、彼女はいつもこう言います。
「ほんと、南部って人も生活ものんびりしてるよね」。

 

確かに彼女の言う通りで、ここにはお客が列を作っているにもかかわらず、自分の勤務時間終了のためクローズしちゃうキャッシャーがいるし、ランチの忙しい時間でさえ、お客と話し込んでるウェイトレスがいるし。

 

しかもそれをあまり気にしていない人が多いというのも、やはり南部だからなのでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

いつでも、どんな時でものんびりな南部の人と生活関連エントリー


同じアメリカ人でも住んでるエリアによって、時間の捉え方って違うもの。特に南部はのんびりしているかも。

Copyright (C) 2009 国際結婚の実情!【私の国際結婚体験】 All Rights Reserved.

いつでも、どんな時でものんびりな南部の人と生活