サウスカロライナ 日本食

とっても便利!ジャパニーズマーケットはわたしの強い味方

ほぼ毎日、日本食を作っているわたしとしては、日本の調味料は必需品。

 

しょう油くらいメジャーなものになるとアメリカのスーパーでも購入できますが、例えばみりんや味の元、ほんだしなんかは専門のところへ行かないと入手できません。

 

サウスカロライナへ引っ越すことになった時、心配していたのが日本の食材が手に入るかどうか。
こんな小さな街にも日本のスーパーがあると聞いた時は、かなりホッとしたものです。

 

TANPOPO外観

そんなわけで、月に一度は必ず訪れる「タンポポ」。

 

ここにはみりんやほんだしはもちろん、焼き肉のタレやすき焼きのタレ、それにカレーやハヤシライス・シチューのルーなんかも売ってます。

 

ちなみに日本のインスタントラーメンやお菓子も置いてあるのですが、日本ではすでに販売されていないような、微妙になつかしいものがあったりして(笑)、思わず手が伸びてしまいます。

 

他にも日本の冷凍食品なども揃っていて、種類もけっこう豊富。

 

そんな中、最近わたしが特にハマっているのが、冷凍まぐろのなかおち。
お手頃価格の割にはたっぷりの量で、満足度満点!

 

解凍したその日は鉄火丼or鉄火巻き、翌日は漬け丼とまぐろ三昧が楽しめちゃうのが魅力です。

 

TANPOPO内観

時々友人たちを招いて、お寿司パーティをすることもあるんですよ。
特にわたしの周りにはお寿司が好きなアメリカ人が多いので、こうして振る舞ってあげるととても喜ばれます。

 

 

アメリカでまぐろが食べられるのも、タンポポさんのおかげ(笑)。

 

 

外国へ永住するからこそ、いつでも日本の食材が手に入る(&懐かしい味に出会える)こうしたショップは、わたしにとって貴重な存在です。

 

 

スポンサードリンク

 

とっても便利!ジャパニーズマーケットはわたしの強い味方関連エントリー


私の強い味方、日本の食品が揃うスーパー「タンポポ」。冷凍まぐろのなかおちなんかは最高ですね。

Copyright (C) 2009 国際結婚の実情!【私の国際結婚体験】 All Rights Reserved.

とっても便利!ジャパニーズマーケットはわたしの強い味方