アメリカ 健康保険

この先どうなるの?アメリカの健康保険

オバマ大統領が進めている医療保険改革。

 

実はアメリカ、国民全員に保険がカバーされていない唯一の先進国だそうです。
一応高齢者や低所得・貧困層向けの公的な保険はあるのですが、ほとんどの保険は民間の保険会社に委ねられているのが実情。

 

日本のように社会保険や国民保険に加入するのとは違い、保険会社はあくまでも民間企業なので、例えば失業して保険を失ってしまう人や持病を理由に保険への加入を断られてしまう人も多く、貧困層だけでなく中間層の人でも保険がないというシリアスな状況になっています。

 

実際、わたしの周りにも保険に加入していない(できない)人が何人かいるのですが、彼らは風邪をこじらせても病院へは行きません。

 

ただでさえ医療費の高いアメリカ、保険に入っていなければとても自腹で払える額ではないからです。
オバマ大統領の医療保険改革が実現すれば、こうした人たちも保険に入ることができます。

 

とは言えそれで「一件落着」かというと、実はそうでもないんですよね。

 

ちなみにうちの旦那様、この政策には大反対!
なぜならこれが実現すると、自分が現在加入している保険とわたしが加入している保険両方の料金が高くなり、さらに医療サービスの質が低下してしまう恐れもあるからです。

 

それに主人は
「保険に加入するもしないも本人次第。もし本当に保険が必要だと思うなら、補助金をもらわなくても自分でどうにかするはず」

と言います。

 

確かにそれはもっともな意見ですが、それでも医療保険がないために亡くなってしまう人のことを考えると、彼のように考えるにも抵抗が・・・。

 

とにかく、きちんと医療保険に加入してもらっているわたしは、かなりの幸せ者です。

 

 

スポンサードリンク

 

この先どうなるの?アメリカの健康保険関連エントリー


国民全員に保険がカバーされていないアメリカ。オバマ大統領が進めている医療保険改革が実現するとどうなるのでしょうか。

Copyright (C) 2009 国際結婚の実情!【私の国際結婚体験】 All Rights Reserved.

この先どうなるの?アメリカの健康保険