サウスカロライナ 生活

サウスカロライナっていったい!?

以前ロサンゼルスに3カ月ほど滞在したことがあるのですが、その時とはずいぶんと様子が違う今回。
「何が違うのかな?」と改めて考えてみたら、いろいろ思い当たる節がありました。

 

まず、サウスカロライナはロサンゼルスと英語の発音が違います。
こちらの人たちが話す英語は、いわゆる南部訛り。

 

中でも印象的だったのが、数字の10「テン」を「ティェン」と発音するところ。
アメリカ人の知り合いと待ち合わせた時、彼女から「じゃ、10時にロビーでね」と言われその時彼女が発音した「ティェン」に、思わず「訛ってる!」とビックリしてしまいました(笑)。

 

そしてもうひとつ、ここではロサンゼルスのようにお洒落な人(=ファッションセンスのある人)をほとんど見かけません(笑)。
それは日本のようにたくさんのブランドショップがあるワケではないし、そもそも最新のトレンドを意識した洋服が手に入らないからだと思います。

わたしの実感値で言うと、多分L.A.やNYに比べ、10年くらい遅れているのではないでしょうか(笑)。

 

時々わたしが日本から持ってきた洋服を着ていたりすると、レストランやショッピングモールなどでまったく知らないお姉さんやおば様から「あなたの着てる服(時には靴)ステキねー。それどこで買ったの?」と声をかけられたりします。
(ちなみにこちらの人は、見知らぬ人に声をかけるのにまったく躊躇しません。スーパーでレジ待ちしてる時にも、よく前の人が話しかけてきます)

 

確かにお洒落な洋服は見かけない(そもそもない)のですが、その変わりここは衣料品がかなり安いです!
日本で洋服を買っていた時、わたしの予算は1万円〜2万円でしたが(これがスーツやコートの場合は5万円くらいに)、こちらではその1/10、つまり10ドル〜20ドル。

それでトップもボトムも両方買えるんです!

 

日本にいた頃は1000円のジーンズなんて有り得なかったけれど、こちらにいるとお洒落の感覚が麻痺してしまうようです。

 

 

スポンサードリンク

 

サウスカロライナっていったい!?関連エントリー


サウスカロライナのファッションは、10年くらい遅れていうかも。日本から持ってきた服はかなり人気で、声をかけられることもしばしば。

Copyright (C) 2009 国際結婚の実情!【私の国際結婚体験】 All Rights Reserved.

サウスカロライナっていったい!?